トップ / 買取と売仕の違いについて

買取サービスとは

買取と売仕の違いについて

買い取り

売仕と買取とは意味合いが違う

通常、小売業では、商品を買取して販売します。売仕は売上仕入の略語で、小売店に品物を置いておき、売れた分だけを仕入として事務処理をすることを言います。別名、消化仕入とも言われます。物産展や新商品の販売する場合、メーカーでは大量に商品を展示して印象を強くしたいのですが、販売店側では大量に仕入れて売れ残りがあったら大損害になります。そこで、販売店側に配慮して、売れた分だけを買取する売仕という形を取ることがあります。販売店側の経理の処理は、その日に売れた分だけを仕入として記帳します。デパート等で多く用いられることが多く、6割から8割がこのような仕入の仕方を採用しているようです。

買取りと売仕について

買取の仕事をしていると、売仕の業務を行う事があります。売仕とは、売上仕入を意味する流通業界などでよく使用される略語です。売れた分だけ仕入れたことにする方法です。通常の仕入れは買取りですが、この場合は売れた商品を仕入れとして伝票を作成する方法です。仕入れる側にとっては、在庫を抱える心配がなく便利です。この作業を行う事により、よく売れる商品を用意する事が可能になります。この言葉は、特にデパートなどで使用する事が多いのが特徴になります。どのような商品が人気があるのか、この方法をとるとすぐにわかるのが特徴です。

© Copyright 買取サイトを利用して. All rights reserved.